Organic Lifeオーガニックライフ

こどもの手足口病!痛い?かゆい?薬がなくても慌てない方法。

お盆休みが明けて、子供たちの夏休みが終わるころ、

夏バテなのか、夏休み中のごはんづくりの燃え尽き症候群か、

はたまた仕事拒否病なのか、お疲れもピークに感じている方もいるのではないでしょうか。

我が家の子供たちも

実家への帰省に、夏祭りに、それはもう遊び倒しまして、はしゃいでは叱られ、はしゃいでは怒られ、はしゃぐという

ハードな夏休みを送っておりました。

日常に戻りつつあるそんなある日、

「ママ、手にマメがいっぱいできちゃったー。」と。

年長である長女は、秋の運動会に『竹馬』を披露する予定なので、保育園で練習中です。

だから足指にマメがちょいちょいできます。

ん?待てよ。竹馬で手にマメ?聞いたことないぞ?

母はやな予感...。

見てみると、

IMG_5715.JPGのサムネイル画像

ややや!手足口病やないかーーーい!

実はこの写真、発症してから3日後の写真なのですが、

初日はぽつぽつと水疱ではなく、赤い発疹になっていました。

おかげ様で熱もなく、口の中もなく、

膝、肘、手、足の裏に発疹があるだけなので、食欲は通常通りなのですが、

やっぱり疲れがたまっていたのね~。

手足口病はかゆみも痛みも少ないっていうけど、

やっぱりぶつぶつは不快で、

少しだるくて、かゆくて痛いみたい。

特効薬はないっていうし、かゆみ止めは抗ヒスタミン薬を飲むしかないっていうけど。

これはアロマの力を借りるとき!!!

0322033755_5c93da039a039.jpgのサムネイル画像0322033827_5c93da239721c.jpgのサムネイル画像

子供でも原液塗布が可能といわれる「ラベンダー」と「ティートリー」

もう我が家の必需品です。

長女は水いぼのときにもお世話になったけれど。

かゆみと痛みをそっとなくしてくれるはず...。

オーガニックならではの優しい香りでこどもも抵抗なく手も差し出します。

2つの精油を手のひらやぶつぶつのできている箇所にスリスリと塗布。

(原液塗布を推奨しているわけではないので、あくまでも自己責任のもと行ってます)

子供だからなおさら薄ーーーくちょんちょんと塗ってあげます。

お風呂に入った後や、朝起きて顔を洗った後などに塗ってあげると、

本人も不快感がとれるようで

「また塗って~」

と言ってくれました。

そんなこんな塗っているうちにかゆみも痛みも落ち着き、広がることもなくなってきたようです。

口の中にできてしまった場合は、口には塗布できませんが、

ハンドトリートメントや、芳香浴などで

心と体を落ち着かせてあげることができます。

もちろん、兄弟がいるご家庭は感染拡大が心配ですよね。

芳香浴やかかりそうだな~という疲れていそうな子にも、トリートメントは効果大と思われます。

特効薬がないからと言って慌てないで、

アロマの力を借りて乗り切ってみてください。

このジメジメとした暑さと疲れを乗り越えて秋に向けて体調がくずれないように

自分も(これとっても大事)、子供たちも守っていきましょうね。

and green

Instagram

TEL:090-3444-0995

Webからお問い合わせ

定休日:土日祝日、GW、夏季、年末年始

PAGE TOP